特定医療法人生仁会 須田病院は飛騨地域唯一の入院精神医療機関として、さまざまな病状に対応できる、時代のニーズに合わせた治療施設を設けております。

qrcode.png
https://suda-hos.jp/
モバイル版はこちら!!
医療法人生仁会 須田病院
岐阜県高山市国府町村山235番地5
TEL.0577-72-2100
FAX.0577-72-4231
―――――――――――――――
――
外来診療時間
・初診受付:午前8:30〜11:00
・再診受付:午前7:30〜11:00
・診  療:午前9:00〜12:00
休診日
・日曜、祝祭日
・年末年始(12月30日〜1月3日)
・盆(8月15日)
―――――――――――――――
――
・精神科
・心療内科
・神経内科
・歯科(入院者のみ)

―――――――――――――――――
039547
 

薬剤部

   
院内、院外処方箋を全て厳しくチェックし、処方提案など薬物療法へ積極的に関わっていることは当院薬剤部の特徴の一つです。患者さんの笑顔のために安全で良質な薬物療法が提供できるようスタッフが一丸となり日々努めています。
 

薬剤部基本方針

薬剤部基本方針
 
  1. 患者さんとご家族の立場にたって物事を考え最善の薬物療法が提供できる薬剤部を目指します
  2. 安全で良質な薬物療法を提供ができるよう専門的知識、技能を高めるため自己研鑽に励みます
  3. 他の専門職と協働してチームで患者さんとご家族を支える努力をします
  4. 保険薬局や他の諸機関との連携体制を強化して患者さんの自立・社会復帰を援助します
 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
 
●薬剤師  常勤  2名
  〃   非常勤 1名
●医療助手 常勤  2名
   
■資格
・精神科専門薬剤師
・日本褥瘡学会認定褥瘡薬剤師
・日本薬剤師研修センター認定実務指導薬剤師
・日本病院薬剤師会認定指導薬剤師
・日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師
■所属学会
・日本精神神経学会
・日本老年医学会
・日本褥瘡学会
・日本医療薬学会
・日本精神薬学会(評議委員)
・日本緩和医療薬学会
■賞罰  
・岐阜県病院薬剤師会プレアボイド報告優秀賞(2012)
・日本褥瘡学会大浦賞(2016)
・岐阜県病院薬剤師会功労賞(2016)
 

業務紹介

業務紹介
 
〈調剤〉
 
須田病院薬剤部では、オーダリングシステムと連動した調剤監査システムを導入し、調剤業務の正確性、効率化を高めています。
 
<外来処方箋監査の流れ>                                                                       
須田病院の外来患者さんへのお薬は院外処方箋をお渡ししています。
しかし、街の保険薬局に全てお任せするのではなく、須田病院薬剤師も医師から処方されたお薬の内容は、患者さんの検査値や病名などのカルテ情報をもとに処方監査を行っています。そして必要な情報はかかりつけ薬局へと情報提供しています。 
   
<調剤監査システムの流れ>
 
①医師が処方をオーダーすると薬剤部にある処方監査端末に表示されます。薬剤師はこの端末画面上で薬剤の相互作用や重複投与など処方内容のチェックを行います。
②処方データは、錠剤自動分包システム、散錠自動分包システムへと送られ、同時に処方箋や薬袋、薬剤情報提供書が印刷されます。
③薬剤師は、散錠自動分包システム端末機に調剤者登録を行い、端末画面に処方情報を表示させます。画面上に表示された散剤容器を取り容器裏面に貼付されたバーコードを認証し秤量します。この際、薬が一致しなければ秤量できないシステムになっています。また、秤量した薬の量が違うと次に進めないシステムになっています。
④散剤の秤量が完了すると、患者さん情報や分包数、用法などが印刷され同時に分包機にも情報が転送されます。印刷された内容と分包機に転送された情報を確認し分包調剤を開始します。
⑤分包が終了したら、別の薬剤師が処方箋内容と分包内容に間違いがないか監査します。
 
<<特定医療法人生仁会 須田病院>> 〒509-4124 岐阜県高山市国府町村山235番地5 TEL:0577-72-2100 FAX:0577-72-4231