本文へ移動

褥瘡相談窓口

褥瘡相談窓口の業務

褥瘡相談
褥瘡とはなんでしょうか?
褥瘡とは、寝たきりなどによって、体重で圧迫されている場所の血流が悪くなったり滞ることで、皮膚の一部が赤い色味をおびたり、ただれたり、傷ができてしまうことです。一般的に「床ずれ」ともいわれています。        (日本褥瘡学会ホームページより)
 
〈ご家族さま〉
ご家族に「床ずれ」ができたかもしれない、と思われたらお気軽にご相談ください。予防やスキンケアについて専門的なアドバイスを行います。また、既に褥瘡が発生し治療中の方への、お薬の塗り方や処置の方法についても専門的にアドバイス致します。

〈施設職員や訪問看護師さま〉
 褥瘡処置に携わるなかで、外用薬の塗布方法や処置方法について困っていること、わからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。 

■相談窓口 (代表)0577-72-2100(内線122)
担当:日本褥瘡学会認定薬剤師 定岡摩利
特定医療法人生仁会 須田病院
岐阜県高山市国府町村山235番地5
TEL.0577-72-2100
FAX.0577-72-4231

外来診療時間
・初診受付:午前8:30〜11:00
・再診受付:午前7:30〜11:00
・診  療:午前9:00〜12:00
休診日
・日曜、祝祭日
・年末年始(12月30日〜1月3日)
・盆(8月15日)

・精神科
・心療内科
・歯科(入院者のみ)


1
3
5
6
1
8
TOPへ戻る