本文へ移動

デイケアセンターリカバリー

デイケアセンターとは

 心の病を持つ人が通院をしながら、社会復帰を目的としていろいろな活動を行う外来のリハビリテーション治療の場です。
○人と関わりたくても機会がない
○人付き合いがなかなかうまくいかない、話し相手や友達が欲しい
○仕事に就きたいが意欲がわかない、自信がない
○意欲はあっても失敗を繰り返してしまう
○家にいてもすることがない、居場所がない・・・

 センターには一緒に活動する仲間がいます。
○レクリエーションや社会生活訓練などのプログラムの中で、安心して過ごせる場所、楽しめる場所、悩みを解消・練習をする場所として利用出来ます。
○「生活リズムの確立、対人関係の調整、社会復帰、自立した生活」を目標とした治療など提
供します。
○地域社会に出て、「人のためにも出来ることをやろう」という意欲を育むこともしています。

スタッフ紹介

医師・看護師・精神保健福祉士・作業療法士・臨床心理士・事務員が担当しています。
※講師として、須田病院から医師・薬剤師・心理士・病棟看護師・管理栄養士・精神保健福祉士・事務長による講座があります。

対象となる方

通院されている方で、急性期症状寛解後から慢性期まで広く対象としています。
医師の指示と、本人の希望があれば受け入れております。
他院外来通院の方は、かかりつけ医または、当デイケアセンターへご相談ください。

ご利用になるまでの手順

開所日および活動時間

※送迎バスもあります(送迎範囲は、旧高山市、国府町、古川町です)
 土・日はお休みです

プログラム

プログラムの様子

調理
調理
曼荼羅ぬりえ
ちぎり絵
曼荼羅ぬりえ

スケッチ
園芸

布製マスク作り

費用について

各種保険および、生活保護が適用されます。自立支援法の自立支援医療制度も利用できます。プログラムによって自己負担(実費)が必要な場合があります。

※自立支援医療の手続きについて
須田病院・医療相談室にて行うことが出来ますので、まずはスタッフにご相談下さい。
また、障害者手帳の更新などセンターでも手続きが可能です。

昼食はお弁当を持参いただくか、当院の食堂をご利用ください(食堂は別館にあります)。

★ 昼食を希望される方は前日の夕方4:30までに連絡するか、事前に昼食注文表に記入してください。
★ ショート利用の方も、昼食を利用することができます。

お持ち頂くもの

・センター内で履く室内履き、及びスポーツする際の運動靴

※活動に必要のないもの(食べ物、ゲーム機など)は持ってこないでください。
 携帯電話は活動時間中はマナーモードにしてください。

ナイトケアとは?

1、精神障害者の社会生活機能の回復を目的として行います。
2、個々のメンバーに応じたプログラムに従って、グループごとに治療をします。
  また、メンバーの病状などに応じたプログラムを作成し、効果に万全を期します。
※主治医(医師)の指示が必要です。

・その他注意事項

ナイトケアのみ利用を希望される方で、全く初めての方は、まずデイケアの利用から始めてください。

ご家族の方へ

生活のリズムを作り、社会性を身につけていくためには、まず続けることが大切ですデイケアでの活動が家庭での生活に結びつくようしていきたいと考えております。
日頃の生活でお気づきのことがあればセンターまでご連絡ください。
スタッフからセンターでの様子をお知らせする機会となりますのでお気軽にご相談ください。

月間プログラム・機関紙等

R2年度行事予定表

(2019-04-01 ・ 66KB)

R2年12月プログラム

(2020-11-27 ・ 678KB)

IMR広報誌No.1

(2020-03-10 ・ 3286KB)

デイケアリーフレット

(2017-01-14 ・ 821KB)

特定医療法人生仁会 須田病院
岐阜県高山市国府町村山235番地5
TEL.0577-72-2100
FAX.0577-72-4231

外来診療時間
・初診受付:午前8:30〜11:00
・再診受付:午前7:30〜11:00
・診  療:午前9:00〜12:00
休診日
・日曜、祝祭日
・年末年始(12月30日〜1月3日)
・盆(8月15日)

・精神科
・心療内科
・神経内科
・歯科(入院者のみ)


0
6
1
0
0
5
TOPへ戻る